自由診療の広告、コンサルティング、コンサルタントのご相談は自由診療.com

自由診療.com

無料経営相談を申し込む

メールでのお問合せ 24時間対応

お問い合わせは今すぐコチラ TEL : 03-6212-2933 受付時間:平日 9:30 - 17:30

  • TOP
  • 自由診療コラム
  • 自由診療
  • セミナー研究会
  • 自由診療コンサル
  • ホームページコンサル
  • 採用・評価制度コンサル
  • 講演依頼
  • 無料経営相談

 

先生!それでは看護師は集まらない!【Ⅰ】


先生、こんにちは。

株式会社船井総合研究所、医療経営コンサルタントの田中晋也です。


今回のコラムは、「先生!それでは看護師は集まらない!【Ⅰ】」をお伝えしたいと思う。


最近、看護師採用に関する経営相談が立て続けにあり、

先生の考え方と看護師の感覚にかなりのづれが生じていると感じたので、そのことについて書いてみたいと思う。

先生もご承知の通り、


今、看護師は引く手あまたで、働ける場所はどこにでもある。


それなのに、職場環境の整備をしない先生があまりにも多過ぎると感じている。

看護師を見下し、何か要求があるとブツブツ文句を言う先生はそのままでも良いと思うが、

良い人材を採用するのはあきらめた方が良い。


今の看護師は給与や手当、賞与だけでなく、


何を重視しているか?


それは、当たり前のことなのだが、


①社保完備かどうか?
②長時間労働がないか?
③緊急時、学校行事がある時などに休みを取りやすいか?


などである。

特に最近の若い、20代の看護師の求職者はこれらのポイントをよく見て自分の働く職場を決めている。


こういうことを言うと、

このような職場環境を整えるには、人を多く雇わなければならず、

余計な人件費がかかるので無理だという先生がいるが、

決してそんなことはない。


1人当りの生産性を上げるクリニックの仕組みづくりをすれば良い。


そのためにスタッフ教育をし、

今までよりも収益を上げればいいのだ。

そうすれば労働分配率が上がることはない。

何でもやり方なのだ。


発想の転換が必要だ!!!


それでは、また。


【書籍】
40の困った!をスッキリ解決 診療所経営助っ人ツール

(最終)診療所経営助っ人ツール表紙カバー.jpg

【無料メルマガ:「保険診療頼りから自由診療で自立した医院になるためのヒント」の無料購読は今すぐコチラ】
▼ブログでは書いていない実践的な手法を公開しています。
http://www.funaisoken.co.jp/site/column/column_1301355405_0.html

【自由診療活性化の無料経営相談をご希望の方は今すぐコチラ】
メール:
s.tanaka@funaisoken.co.jp
Web:
https://www.funaisoken.ne.jp/mt/jiyushinryo/soudan.html
TEL:03-6212-2224

【自由診療.com】
http://www.jiyushinryo.com/

【自由診療経営研究会フェイスブックページ】
http://www.facebook.com/jiyushinryo

【ツイッター】
http://twitter.com/shinyatanaka

【自由診療活性化の講演依頼は今すぐコチラ】
TEL:03-6212-2224
http://www.jiyushinryo.com/400-1/

【美容医療経営研究会】
http://www.funaisoken.co.jp/site/study/mfts_1332959451_0.html